彼女の堪忍袋の緒が切れました

彼女に告白されて付き合っていました。僕にはもったいないくらい、とても可愛い彼女なのです。それなのに、僕みたいに地味で友達も少なくてゲーム大好きな人間を好きだと言ってくれたのです。とても嬉しかったです。

同じ会社で受付をしていたのです。毎朝挨拶だけを交わしていました。可愛いなとは思っていましたが、それ以上の興味は持たないようにしていたのです。どうせ、僕になんか興味はないだろうし辛い思いをするだけだと思ったからです。

それがなんと彼女のほうから、話しかけてくれたのです。。彼女もゲームが好きで、趣味が同じだから一緒にゲームでもしませんかと誘ってくれたのです。休日に僕の部屋でゲームをする事になったのです。でも二人っきりではなくて、ほかにも同僚がいたのです。みんなで、ゲームを楽しむ休日が続きました。

そしてそのうち彼女から告白されたのです。突然でとてもびっくりしましたが、夢みたいで嬉しかったです。でも僕は付き合った経験がなかったのです。だから彼女をどう扱っていいのか、デートはどこへ行けばいいのか全くわかりませんでした。

だからデートはいつも彼女任せでした。それでも家でゲームをする日々が多かったです。彼女は可愛すぎて一緒にいるととても緊張するのです。顔を見てまともに話もできないのです。いつまでたっても、そんな状態だから彼女の堪忍袋の緒が切れたのです。

「いい加減にして、もっと私を見て」そう言って彼女は行ってしまったのです。それが別れの言葉だったのです。付き合って二か月で彼女にフラれました。その二か月で僕はまともに、彼女を見る事はできませんでした。

フラれても仕方がないと思います。もっと男らしくて、もっと堂々としないといけないと思ったのです。

今でも忘れられない女の人の考え方。

友達から彼女になったと思っていた彼女に、突然フラれることになりました。

理由というのか原因というのは、自分がはっきりとした答えを求めたことが、フラれる原因になったようなのです。

ずっと、自分は付き合っていると思っていたのですが、友達の期間が長すぎて友達という概念が抜け切れていないことが多かったのです。

どこかに遊びに行くとなると、いつも数人で遊んでいましたが、いつからか何回かは二人で行くこともあったし、相手もまんざらでもない感じで、これは付き合っているのと同じではないかと、自分ではそう思っていました。

決定的なことだと思うのですが、デートをしている感じで手を繋ぐと、相手もしっかりと手を繋いできました。

これだけの材料があって、段階的なもので次の段階に行きたいと思っている矢先の出来事で、彼女に聞くとびっくりするような答えが返ってきたのです。

今まで二人で遊んでいたのは、やっぱり友達としての段階で、付き合ってくれとも言われていないのに、付き合っていると思っているのはオカシイと言うのです。

それに加えて、手を握り返して来たのはその場の雰囲気で、雰囲気を壊したくなかったからだと言うのです。

これでハッキリしたのは、付き合っていなかったと言う事実だけで、付き合っているとなれば、話の流れと内容は変わってくると思っていた自分は、ならば正式に付き合って下さいと、お付き合いを申し込みしました。

驚くことに、その答えがNOだったのです。

女の子の考え方は、本当に理解できないですし、意味も分かりません。

その場の雰囲気を潰さない為に、手を繋ぎ返してきたり、嫌がる素振りすら見せないのに、何故付き合って欲しいと言うことにはNOが言えるのか、友達になら戻れるからと、サラッと言うのですからお手上げです。

何事も順序が大切ですので、付き合う前から付き合っているなどと、己惚れてはいけないと言うことなのです。

女の人は案外怖いですからね。

転勤が後を引く結果に

地元の大学に通っている頃から一つ年下の女の子と付き合っていました。きっちりと恋人として周囲や友人連中に紹介できるほど長続きした彼女はその子が初めてで、自他共に認めるほど仲の良いカップルだったと思います。しかし転機は私が就職して3ヶ月ほどに起こりました。彼女は大学院への進学を決めていたので、変わらず今の地元に住み続けることがあと2年ほどは決まっていたのですが、私の方に転勤が言い渡されたのです。確かに全国転勤があり得る会社に勤めてはいましたが、まさか入社してこんなにすぐに言い渡されるとは思ってもいませんでした。彼女の方もそんなことは思っていなかったようで、想像以上に転勤の話をすると取り乱していました。まさかこの転勤話が原因で別れることになるとは、私自身はその時点では思っていませんでしたが、後から聞くと彼女にとってはそう告げられたタイミングから、別れを考え始めていたようです。

私の方は普段の仕事もまだ慣れない中でこなしながら同時に初めての一人暮らしに向けて様々な準備を進めなくてはならず、あまりショックを受けた後の彼女に対してフォローもできていませんでした。自分のことで手一杯すぎてあまり人のことまで考える精神的にも肉体的にも余裕を持てなかったのです。

それが決定打となりとうとう遠距離となるその日に別れを告げられました。この数週間、遠距離となることに向き合ってきたが、あなたが忙しそうにする中でこんなの耐えられないとわかりました、とのことでした。突然の告白に私の方は頭が真っ白、しかしこれまた翌日らの一人暮らしに向けて忙しかった私はあまり話も聞かずにその場を離れてしまいました。それ以来音信不通で、フられてしまう結果となりました。

今でも後悔している彼女にフラれた思い出

彼女にフラれた経験、私にもありますよ。今はフラれたショックから立ち直っていますが、やはり彼女にフラれるというのは心に大きな傷を与える辛い経験ですね。できればもう二度とその思いをしたくないと思っていますよ。

私が一番、彼女にフラれて辛い経験をしたのは、一番長く付き合った彼女にフラれた時でした。その彼女とは、友達の紹介で付き合い始めました。彼女は小柄で、とても可愛らしい感じの守ってあげたくなるようなタイプの女の子で、性格も良く、趣味も私と合い、私にはもったいないくらいの可愛い女の子でした。

友達に紹介された私たちは、すぐに意気投合して付き合い始めることになり、付き合ってからは、ケンカもほとんどすることがなく、本当に仲の良いカップルだったと思います。どのカップルもそうだと思うのですが、最初のころは上手くいっていたのです。

しかし、付き合ってから数年経ち、付き合いが長くなってくると、互いの生活や、考え方などが変わってきます。付き合いが長いし、彼女はそろそろ結婚のことなどを考えていたらしいのですが、その頃の私には結婚する気など全くなく、結婚の雰囲気を出されるのを私はとても嫌がり、そのうち彼女のことが重く感じるようになってきてしまいました。そういった私の空気を察した彼女は、しばらく私を距離を置きたいと言って、結局そのあとすぐに私は彼女にフラれてしまったのです。

フラれてから、事の重大さを理解した私は、よりを戻そうとしたのですが、時すでに遅く、復縁することは叶いませんでした。今思うとその子と結婚しても良かったのかもしれませんが、その頃の私は若く、結婚というものに臆病になっていて、結婚なんて決断をすることができなかったのです。

この彼女にフラれたことは、今でも後悔していますね。

一人だと行動範囲が狭まる

前の彼女と別れて早2年。最近気づいたことがあります。それは、一人で行動していると、行動範囲が狭まるということです。一人でドライブに行っても近場で済ませ、飲食店は馴染みの店だけ、カフェに入るにも「混んでるからいいや」と諦め、買い物もネットで済ませる……という日々を過ごしていることに気が付いたのです。

そんなことのために彼女が欲しいというのも変かもしれませんが、好きな人と色んな経験をするというのは人生でとても大事なことなのではないかと、少しずつ気づいてきました。そんなわけで、近頃は恋人探しを地道にがんばっています。
【参考サイト】http://幸せな結婚したい結婚相手ナビ.net/
その方法としては、行動範囲を広くしたいために恋人が欲しいなら、まず行動範囲を広くすればいいじゃないかということで、色んな今まで行った事が無いような場所や空間に出かけてみています。

それで恋人が出来そうな気配は……なきにしもあらずといったところが現状です。でも、行動範囲を広げただけでとても充実した生活が出来るようになってきたように思います。この充実を好きな人と共有できたらいいなと思っています。今週の日曜日は知り合いの女の子と映画を観に行く予定ですが、彼女はたぶん僕を恋愛対象とは見ていません……。誰かいい子がいないか彼女に聞いてみることにします。